しょうちゃん@ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ノラ・ジョーンズが好き

<<   作成日時 : 2009/12/16 17:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ノラ・ジョーンズが好きだ。


彼女の曲を毎日のように聞いている。


ノラのアルバムは、

最近発売されたアルバム『ザ・フォール』が4枚目で

1stアルバムが『カム・アウェイ・ウイズ・ミー』である。


JAZZの名門レーベル「ブルーノート」より2002年にデビュー。

いきなりグラミー賞でノミネート8部門のすべてを

受賞するという快挙を達成した。


1stアルバムの最初の曲「ドント・ノー・ホワイ」はあまりにも有名です。


そして2ndアルバムが2004年発表の『フィールズ・ライク・ホーム』

全て自作曲の3rdアルバムが2007年の『ノット・トゥ・レイト』である。


画像



ところがである。

私は前からノラ・ジョーンズの評判は聞いていたが

元来へそ曲りの性格ゆえ、

彼女のアルバムを聞こうとしなかった。

「人気があるだけのJAZZシンガー」なんだろうと勘違いしていた。


ところがひょんなことから

アルバムをゆっくり聞く機会があり

初めてきいて、びっくりした。

びっくりした、という表現は違うかな。

なんとなく『心の中にじーんと染み入った』という

表現が正しい。


大変遅いノラ・デビューである(汗)


ノラの歌声は大変ナチュラルで、

その声の揺らぎが大変心地よい。

そして曲自体がジャンルを特定することが

馬鹿らしくなるような

自然な曲調なのだ。

ある意味、ポップさを押えた地味めな曲ともいえる。


けれども、どれも『癒し』を感じさせる曲たちなのだ。


だから、

これだけノラ人気があるということは、

日本人に限らず、アメリカ、いや全世界で

みんなが『癒し』を求めていることに他ならないと思う。


自分が一番好きなアルバムは

もう5年も前の作品だけれども

2ndアルバムの『FEELS LIKE HOME』

アルバムのバックの色がオレンジ色っぽい奴だ。


その1曲目の曲が

『サンライズ』という好きな曲

(You Tubeで聞いて下さい)





2曲目の

『ホワット・アム・アイ・トゥ・ユー』も良いカンジ。





ちなみに、ノラの父は

インドのシタール奏者「ラヴィ・シャンカール」らしい。

「ラヴィ・シャンカール」といえば

『ビートルズ』の「ジョージ・ハリスン」の

シタールの師匠で有名である。

これにも、ちょっと縁を感じたりして。


オマケに「ラヴィ」と「ジョージ」の

シタール練習風景。





うーん、やっぱりノラの曲を聴きながら、

俺ってつくづく『癒し』を求めている人なんだなぁ

と感じ入ったりして(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノラ・ジョーンズが好き しょうちゃん@ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる