しょうちゃん@ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 逃がした獲物はデカイ!

<<   作成日時 : 2010/03/04 18:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


最近、仕事が忙しい。

『大変有難いことですなぁ』

それが理由とは言えないが、月一回ブログとなっています・汗

書きたいことは沢山あるのだけどもね。


そうだ、もう前のことだけど2月21日に

蒲江へ釣りに行ったことは書き残しておこう。



同行者はチヌタロウさんと奥さん、正吾さん、麦たろうさん、吉井さんの

全員で6名。

場所は蒲江楠本の波止です。


珍しく集合写真を撮ってみたぞ。

画像



その日は天候もよく

蒲江には釣り人がいっぱい来ていた。

その反対に魚の喰いは非常に悪く

釣果は芳しくない。


そんな状況でも吉井さんは、

キビレを釣り上げる。

キビレメイタではあるけど

喰いが悪い状況では貴重な一枚です。

画像



正吾さんは、変わったものを釣り上げる。

なんだろう?

写真に撮らしてもらう。

なんか怪しくて、ヘンテコな生物。


画像



正解は、ハリセンボンである。

ちょっと愛嬌があって

つぶらな目をしてる・笑

フグの仲間で可愛らしい。

画像



海のなかでは、このハリを開いて威張っているのだろう。

このハリには毒は無いそうです。

初めて実物を見ました。



そんでもって、私の釣果というと

小さな『カタクチイワシ』

『ホゴ(アラカブ)』

天ぷらが美味しそうな『キス』

画像



そして、こいつ

画像


でかい口してる。

こうして見ると、ちょっとコワイ顔ですな。


横から見ると

画像



多分、ハタ科の魚。

『クエ(アラ)』とかの子供だろうか。

クエだったら、最高級魚?!

そうとう旨い魚かもしれません。

とりあえず、コイツは吉井さんのクーラーに収まった。



そうそう、狙いの『デカチヌ』はどーなったかと言うと

うーん、釣りきらんかったです。

そう、釣れなかったのではなく

釣りあげきらんかったのよね

『トホホ』である。




蒲江でチヌの喰いがよくなるのは、

夕マズメ。

そう、陽が暮れる頃から、暗くなるまでの時間帯。

なぜか、よくわからんが

その頃にデカバンが喰ってくることが多いのだ。

理由をいろいろ言うヒトもいるが、

とにかく経験的にそーいうものなのだ。


その時の雰囲気を写しておいた。

こーいうカンジの時。

画像




しかしその日は、私もう諦めていました。

朝からエンヤ、エンヤとマキエを打って

メイタも釣れないから

もう惰性で釣りしてるカンジ。


もし幸運にもチヌが釣れたら

デカくなくてもいい、

30センチぐらいのチヌでも十分と思っていました。


ふふふ・・・

けれど奴は、そんな油断している時に

突然にやってくる・汗



ウキがシワシワと入り、

今日は小さ目の魚しか釣っていない自分は

『あ〜、小魚?、それとも根がかり?』と思いつつ

あわせを入れたら

一瞬ですごい重量感を感じ、

『あ、デカイ』と思い

『おーっっ』と思った瞬間、

奴は固めに締めていたリールのドラグを

ギュン、ギュンと逆回転させて

波止を右側に突き進むのでした。

それでも竿でタメ、どうにか走りが止まった。

だって自分の竿、1.2号で

チヌ釣りには十分強いはずなのだ。

けれども、自分の竿は海面に突き刺さる感じで

下向きにグワ〜ツと曲がっている状況です。


そうです。自分の釣り場の右手には

3本のロープが海中に張られている。

その下を奴はずんずんと進んで行ったのだ。


今日は、チヌを掛けたら、左側に移動して

ヤリトリすれば楽勝と思っていた自分の考えは

ぜ〜んぜん甘かった。



『危ない、竿先を海に突っ込んで』と

正吾さんに言われるが

竿は弓形に張った状態で

耐えるだけで、少しもリールを巻けない。

竿先からは、まだ引きの生命反応がある。

これから、ゆっくり反撃だ!

でも、このロープかわせるのかなぁ、と思いめぐらした瞬間、

竿先から、生命反応がふ〜っと消える。

竿先に伝わる躍動感がない。

『あ〜っ、ロープにもっていかれた』

次の瞬間、

ハリスの途中からぶち切られて

仕掛けが戻ってくる。


『あ〜、バラシたぁ』

逃げられた獲物は大きいのである。

ものすごくデカイと相場は決まっているのである。


あ〜、デカかった!


チヌだったら、50cm後半

あるいは、真鯛だったかもしれない。


いやいや、60cmのチヌだった気もする。

まぁ、バラシたから

ホラ話だと聞き流してやって下さい。


記録物をゲット出来ずに残念だったけど

それより、この喰いが悪い中

久しぶりに集まった

皆さんの中で

せっかく自分に巡ってきてくれたチャンスをものに出来なくて

本日の釣行に華を添えられなかったことが

非常に残念だった。




あ〜、もう3月だぁ。

そろそろ寒チヌのシーズンも終わりである。

デカバンのシーズンも終わりかな。

あの引きは、またいつの日か味わうことが出来るだろうか。


まぁ、だからこそ海には

ロマンがあって

それに魅力を感じるから、

こんな寒い冬の日に、朝から夕方まで

マキエを投げ、竿を振るのだろう・笑


ホント好きだよねぇ〜


結局、強い引きの感触だけ残して

今回の釣行は終わりました。


もう前のことだけど、皆さんお疲れ様でした。

また誘って下さい。



追伸。

この日、麦たろうさんからDVD貰った。

アダルトじゃないよ。


桑田佳祐がビートルズの『アビイロード』の曲を

空耳歌詞で歌う曲とかが入っている。

空耳の歌詞がよく出来ていて

それでいて、カッコイイ!

どうも、ありがとうございました。

(お礼遅れてスイマセン)








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今の時期にキスとはめずらしいですね。アラカブ・ハタとはまた美味しそうな魚ばかりですね。冬場の釣りは日本酒をちびちびやりながら七輪で肴をあぶりながら大将流です。(^^)
へんろみち大将
2010/03/05 16:17
 つり逃がした魚は大きいといいますが、しょうちゃんさんの報告を読んでると、軽く50センチは超えていそうでした。
う〜ん、残念でした。私も3月末に、大分に関サバ・関アジを釣りに行く予定です。楽しみにしています。
焼酎にぞっこん
2010/03/06 05:25
へんろみち大将さん。
蒲江は海水温が高いので冬でもキスがよく釣れます。
私も日帰りは無理ですが、一泊する時は七輪や
バーベキューセットで酒を飲み交わしながらワイワイやるのが楽しいです。
けれども大将の、釣りや鉱物採りの時の大人の遊びは
それ以上になにか趣きがありそうで憧れます・笑
しょうちゃん
2010/03/08 17:16
ぞっこんさん、ホントに逃がした魚は大きく感じて仕方ありません。
3月末に大分に来られるのですね!
貴重な機会ですから、まずは良い天気で、関アジ・関サバの良い釣果に恵まれることをお祈りします。
お刺身に合う焼酎は何が良いでしょうかねぇ・笑
しょうちゃん
2010/03/08 17:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
逃がした獲物はデカイ! しょうちゃん@ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる