しょうちゃん@ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 三連チャンの津久見

<<   作成日時 : 2010/09/22 18:51   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


三週連続で津久見に行った。

今回は東京より帰省したBANZAIさんの

歓迎釣り会である。


9月19日(日)の朝6時に渡船場に集合。

BANZAIさん、チヌタロウさんの三人で

津久見の弓波止に上陸。


早速、釣り開始。

水深が約15mぐらいある。

タナを最初は底から1.5mぐらい上に設定する。

サシエを付けて振り込むが

本命が居ると思って設定したタナまで

サシエが沈む前に上層で小魚にサシエを

喰われてしまう状況。

餌取りが多くてサシエがもたない!


結局、この『餌取りとの戦い』こそが

今回の釣行における全てだった・汗


餌取りをかわすことが出来れば

本命のチヌや中アジが喰い付くと思うのだが

これがなかなか難しい。


画像



「餌取りをかわすのはどうすればよいのだろう?」

オイラは波止の上で暑さと寝不足でぼーっとした意識の中、

けれども真剣にスルドク考えてみた。


いろんなことが頭に浮かぶ。


●このまま辛抱強く釣ってみる。

 我慢、我慢しかない。

●本命が寄れば、餌取りが居なくなってしまうから

 大丈夫だぁ。

●焦ることはない、運がありゃ

 そのうち喰い付くに違いない。


いやいや、待ちの姿勢じゃダメだ。

攻めなきゃいけない。

う〜ん。

とりあえず何でもやってみよう。


●ツケエをとられ辛いタナに変更してみる。

●ハリスに重いガンダマを打って早く沈めてみる。

●いやハリスにガンダマを打たない方が

 逆に目立たなくてよいかな。

●マキエを手前と沖目の二箇所で

 餌取りを分断してみる。

●仕掛けを投げた後、マキエを打つタイミングを

 早くしたり遅くしたりしてみる。

●前回仕掛けを入れた所から変えて、

 アッチコッチに仕掛けを投げてみる。

●マキエを多めに入れたら、ツケエが見過ごされて

 タナまで沈むかな。

●着水音が出ないように仕掛けをそっと投げてみる。

●ツケエをオキアミから替えてみよう。

●けれどダンゴ餌を持って来てないので、

 マキエのムギをサシエにしてみる。

●2号の棒ウキを3号の棒ウキにして、

 少しでも沈みを速くする。

●ハリスを短くしたり、長くしたり。

●仕掛けを遠投してみる。

●etc・・・


笑い話のようだが、こんなことを真剣に考えながら

且つ実践してみました・大汗



これだという効果的な方法は結局無かったのですが

これらの組合せで

多分、十投に一度ぐらいは

ツケエがタナまで届いたと思うのです。


ここで余談ですが、

釣りをされない方は

釣りはぼーっとしてヒマな行為と思うようですが

実は大変気ぜわしいのです。

竿を持ちながら、どうしたら釣れるのか

常に考えています。

だから短気な人に向いていると言われ

のん気な人は釣果に恵まれないかもしれません。

釣果より「ぼーっ」としている雰囲気が良さそうに

見えますが、

やっぱり根底にあるのは狩猟本能だと思います。


画像





そしてお話は戻って釣果です。

散発的でしたが、どうにかチヌ、アジが釣れてくれました。

午後2時半に納竿しましたが、

2時前には、本日最大の51センチの年無しが喰らいつきました。


画像



チヌ51センチ

チヌ39センチ

チヌ36センチ

メイタ、小鯛、アジです。

その他のお魚は、クロ、サンバソウ、フグです。


今回のチヌあまり黒くない燻し銀で

多分、居付きではなく沖から入ってきたチヌと

思います。

39センチのチヌは、ムギのツケエに変えて

一発目で喰いつきました。

「やったー」シメシメと思いながら

次からムギのツケエにかえたものの

すぐに餌取りにやられて

効果は一度きりで終わりました・汗


画像


(すいません、チヌタロウさんから勝手に頂戴しました・汗)



帰り道、釣りであまり食事をしていなかったので

戸次でご飯を頂きました。

中華料理店『新燕(しんえん)』の

にら豚定食。


画像



大変美味しゅうございました・笑










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいすごい。
かつて釣りバカといわれた大将ですが、毎回のこの釣果には驚きです。
魚をぶら下げてるイケメンは誰ですか?
へんろみち大将
2010/09/25 21:01
5月から、ずっと釣りをしていなかったのに
久しぶりに大物が釣れたものだから
調子に乗って3連チャンしてしまいました・笑
やっぱり大分は魚影が濃ゆいのです。
だからといって釣果を確信して釣行すると
今度はボーズをくらって
ガッカリすることも度々あります。
自然が相手なので、この「釣れなさ加減が絶妙」なところが、チヌ釣りの一番の魅力と
思ったりします。
大将、このイケメンがまた夜中に
ウドンを頂きに参上すると思いますよ・笑
しょうちゃん
2010/09/27 18:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
三連チャンの津久見 しょうちゃん@ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる